Magical Mistery Tour
Magical Mistery Tour : 白峰3山
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-08-17 12:53:18 (928 ヒット)
Magical Mistery Tour

北岳から富士山千葉県に帰省中を利用して、14-15日で南アルプス白峰3山に行ってきました。
14日は甲府駅9時発の広河原行きバスに乗車。11時15分に登山開始です。今日は肩の小屋まで行きたいので多少急ぎ気味に行くが人が多い。二股まですれ違った人は150人以上でしょう。
二股からはコースも分かれるせいもあり幾分交差も少なくなる。右股コースを黙々と登るが久々20キロを超えた荷物はこたえる。
稜線に出ると仙丈ケ岳が目の前にお出迎え。小屋には3時30には到着できた。テント場が結構埋まっていて、高校生の大パーティの2つの大テントの間に入れてもらう。早速テントを張って安着祝いは小屋の缶ビールで。夕方になるとガスも取れてきて、甲斐駒ケ岳、鳳凰3山、富士山が見え始めあちこちでシャッターを切っている。珠にガスの中にブロッケン現象が見られた。
翌朝は3時すぎから北岳にご来光で上がるパーティの準備で目がさめる。6時に出発して順調に北岳、間ノ岳と進み農鳥小屋で500円の冷えていないコーラを買ってパンの昼食をとる。このペースで行けは14時過ぎには目的の大門沢の小屋には到着できそうだ。
農鳥岳では雷鳥がお出迎え。まだ若い鳥なのか1mくらいまで近寄っても逃げない。下降口からは怒涛の下りでどんどん高度を下げていく。
小屋まであと1時間地点で浮石に足を取られ大きくバランスを崩した。普段もある事だが、建て直しの為のステップがまさかのスリップで九十九折のカーブ地点で最悪の前転状態で転倒した。
とっさに受身姿勢をとったのだが、頭をぶつけたようで経験した事が無いような出血。みるみる道が血で真っ赤に。首に巻いていたタオルで傷口を硬く縛って、さらにバンダナで強く抑えて止血に専念する。
傷は見えないが意識もはっきりしているので、患部を抑えながら下山を続ける。小屋手前の沢でタオルを絞ったがかなりの出血だった。大分血も止まってきたので、ペースを上げて小屋に14:15到着。
小屋の人にも時間が早いので、温泉まで降りたほうが良いと言われ、あと3時間の我慢を覚悟して、下山を開始する。沢沿いのコースで丸太橋、つり橋、渡渉などバリエーションが豊かだが気の抜けないところも多い。発電施設に到着して何とか一安心。温泉までがまだ長く林道を歩いて16:30に到着。10時間半行動の2日目でした。
中高年登山者の単独事故。よくあるパターンです。言い訳できません。頭の中には小屋についてからの冷えたビールがちらほらしていたので、きっと気が緩んでいたのでしょう。今週の予定はキャンセルになりました。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

My Newsカテゴリー
Something
Something
日常の出来事などのカテゴリーです。
Because
Because
このサイトの基盤であるXoopsに関するテゴリーです。
Helter Skelter
Helter Skelter
子供と一緒に始めたスノーボードに関するカテゴリーです。
Magical Mistery Tour
Magical Mistery Tour
趣味の一つである山登りに関するカテゴリーです。
Octopus Garden
Octopus Garden
家の庭やエクステリアに関するカテゴリーです。
Rock and Roll Music
Rock and Roll Music
音楽に関するカテゴリーです。主にBatles。
Strawberry Fieleds
Strawberry Fieleds
野幌森林公園に関する記事カテゴリーです。
Yellow Submarine
Yellow Submarine
最近ご無沙汰してますが、趣味の海釣りのカテゴリーです。
私はチームマイナス6%です

自分のできる所から地球温暖化防止に協力しよう!
アクセスカウンタ
今日 : 3737
昨日 : 9090
総計 : 739068739068739068739068739068739068